スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デルタ祭2014。

本日は会社をサボり(午後半休…皆様すいません)デルタ祭に行ってまいりました。

お目当ては毎年恒例バイクパレードとトライアルデモ。

いつもの京都府講習会メンバーの皆様に挨拶をし、ヤマハのMT-09、07、ホンダのVFR800に跨がり、お目当てを全部消化したところで、ふと周りを見回すと、何度か講習会で御一緒したユージーン様が!

お久しぶりです!と挨拶をし、色んなお話させてもらいながら、トライアルデモの開始を待ちます。
と、その前に一本橋大会の表彰が…京都府講習会メンバーの皆様が入ってました(一体何秒出したんだろう…)

ユージーン様も見事入賞!素晴らしい。俺は今のままでは負けます。頑張ろう。

しかし、今日は暑かった

そして、いよいよトライアルデモが始まりました。なんと今年は(今年も?)女性ライダーオンリー。

と言っても、さすがです。スタンディングスティルに始まり、フロントアップ、ジャックナイフにドラム缶越え、はては車にも上っちゃう。
厳しい練習のたまものだと言うのは分かりますが、あんな風に乗れたら楽しいだろうなあ~

お次はコレも毎年恒例バイクパレード。
いつもながら素晴らしきシンクロ率。

いつも思うが、コンマ台でもタイミン
グズレたら大惨事

ラインもタイミングもギリギリの度胸一発…に見えるけど、実際は計算され尽くしてるんでしょうなあ~

よく見てみると、あまり目立っていない後ろの方にしわ寄せが全部来てるのかな?前の方は割と自由に走ってるかんじ(とは言っても物凄い技術に変わりはない…ライン絶対外せないし…)今年は最後尾からタイヤスモーク上がってました。
バイクパレード終了で、デルタ祭も終了。
まだ日が有ったため、上賀茂神社までプチツーして帰宅しました。

ア゛写真一枚も撮ってない(笑)

今年も良いもの見せてもらいました。
来年も楽しみにしております。

デルタ卒業生ではないけど…
スポンサーサイト
[ 2014/09/23 20:56 ] 講習会、練習会 | TB(0) | CM(2)

安全運転京都大会に向けて。低速編



5/31、今年も、安全運転京都大会が近づいてまいりました。
大会に向けて、低速練習してますが、やっぱり難しい。

特に、対一本橋、対ブロックスネーク向けの『ハンドルを切らない低速』はかなりの難度です。
ハンドル切らねーつー事は、左右どちらに倒れるかを指定できないつー事やからな~

逆に『ハンドルを切る低速』の応用千鳥は、ラインさえ間違わなければ、何とかなる!

偉そうに書いてますが、昨年応用千鳥でその間違ってはいけない『ライン』をしっかり間違い、パイロン踏んだのは私です(笑)

私の対策として、ハンドル切らない低速は、とりあえず、止まらない(笑)

一本橋の指定タイムは20秒前後。ブロックスネークは9~11秒。

無理にスタンディングする必要は無い。
ただ…それだと…余裕が無い。

一本橋20秒ならおそらく可能だ。
ただ、それ以上タイムを出すとなると、どうしてもスタンディングは必須。

指定前教習時代は、ひたすら前進微速で、ハンドルをコジリ回すと言うやり方でクリアした覚えがあります。下手に止めると、再発進でバランス崩して落ちる。
しかし、京都府の皆様60秒超していらっしゃるとのこと…

私の3倍…
バイク赤くないのに(笑)

俺も頑張らなければ!

ハンドルを切る低速はまだマシ。

応用千鳥はラインが全て。ライン間違うと即終了…

ただし、バイクを倒すことで、若干ラインをコンパクトにする事は可能。

いわゆるY字バランス(V字とか逆の人の字バランスと言う人も)

私は一応左右共に何とか成る…と思っていた…今日までは。
今日生まれて初めて、動画をとってみると、右ターンはまあまあ形に成っている。左ターンがダメダメ!

右足に体重かかるから、ブレーキがラフに成っている!

それを気にして、右足の体重を抜こうとし、身体をオフセットしきれていない。
結果…
右回り→前進微速、時々スタンディング
左回り→前進強速、思い出したようにスタンディング

左回りやたら苦手(笑)

おまけとして、オフセットが足らないために、左回りではバイクをほとんど倒せない。

前述通り、応用千鳥はバイク倒すことである程度イン側にラインを変えれるが、このままでは左回りはキツい!
早急に何とかしないと。

去年と同じく、原チャリ用に行かされたら、目も当てられない。でも、たとえ原チャリ応用千鳥だろうと、今年は取らしてもらう!

去年もラインがタイヤ四分の1足らなかっただけだ!

さぁ、頑張るよ!

その前に仕事も頑張らなければ!
[ 2014/05/11 21:13 ] 講習会、練習会 | TB(0) | CM(0)

特練見学

暑いやってらんない。今部屋が32℃…
そんな中、京都府特練現在進行中。
呼ばれてないのに、昨日押しかけ見学に行かせてもらいました。

まずは例により朝寝坊

いや…一昨日仕事がですね‥か・な・り、おしまして…

まあ言い訳だな


昼飯食って、なんだかんだしてたら着いたのが14時と言うていたらく


コンビネーションスラローム数本見たところで課題走行が終了

後は法規走行と成っていました。

法規走行見学。しかし発着点から見ててもかなり遠い!


一生懸命見ていると、いくつか分からない所もありました。

①右折で車線右側いっぱいを走ってるのに、巻き込み確認必要?
②進路変更のウインカー点ける前に確認必要?(ウインカー点けて、実際に進路変更する前には確認しますが…)

上記2点、私は京都府大会でやってません。

お読みの方、ご意見いただけるとありがたいです。

法規走行の間、安協の方と色々お話させてもらい、いつもの安協さんに『呼んで下さいよ』と冗談言いつつ見学してました。



そんなこんなで、あっという間に特練が終わってしまいました。

やっぱり見てると走りたくなるなあ~

安協の方からも、参加者(この拙いブログ見ていただいたそうです)の方からも、『走らない?』と本当にありがたい御言葉いただきました。

でも、やっぱりこういうのは、呼んでもらってこそ、結果出してこそなのです。

いつもの言葉ですが、レースは勝たなきゃ意味がない!


その後、M様、K様はじめ何人かの方とお話させていただきました。

印象的だったのは、本番で当たり前の事を当たり前にこなすのは本当に難しいと言う話。それをするためには、数をこなすしか無いのです。
そして思いました…この手の競技には、セローに代表されるトレール(XR、シェルパなど)は少々有利すぎる。

軽量、大きなハンドル切れ角、低速よりのエンジン。このコンビネーションはかなり効きます。

ウィークポイントは重心の高さが高い事。
柔らかい足まわりによる姿勢変化が大きい事。

OEMのタイヤがウエットに弱いこと。

速く走る場合は、柔らかい足まわりが、ライダーの入力も吸収してしまい車体が反応し難いこと位かな。

私はタイヤをオンに換装してますが、OEMタイヤでも、ドライ路面なら、まず支障ありません。

昨年度までは、有利な事に後ろめたく感じることはありませでした。

レギュ無いんやし良いじゃん!と思ってました。

完成に近いライダーが乗るなら良いでしょう。(実際、京都府には、1人すんごいセロー乗りが居ます)

しかし、セローではライダーが育たない。ある程度のラフな操作はバイク側が吸収してしまいます。
コレは公道や林道では光る点ですが、ライダーの技量向上と言う面でいかがなモノが?最近考えます。まあしかし、気にいっているため(条件悪いと頼りに成るんだ)乗り換えは無いと思います。

代わりに各種制限(使うギアやリアブレーキを使わないなど)を課して練習するしかないかなあと思います。


話が逸れましたが…

最後は、押しかけ見学の俺に安協さんからジュースまでいただき、本当にありがとうございます。


来週、何とか起きられたら、課題計測も見に行きます!


俺とどこが違うか?楽しみです。

起きれたら(笑)
[ 2013/07/07 12:13 ] 講習会、練習会 | TB(0) | CM(7)

YAMAHA講習会IN山城田辺教習所 午後編


昨日の続きです。

午後の科目は
①ブレーキング(急制動+目標制動)
②回避
③コーススラローム

まずはひたすらブレーキング。

まあ…予想通り…

リア、上がるなあ~

体重を目一杯かけても上がる…困ったモンだ(笑)

そのとき、講師の方より『ただ体を後傾させるだけじゃなく、肩の辺りを何かに引っ張られる様に後ろに出してみ』とアドバイスいただいた。

肩の辺りを…何かに…???

数回その様に頑張ってみた…

????

分からないなあ~と思った次の急制動で…




分かった!
肩の辺り引っ張られると言うよりは、目線を上げて後傾度を上げる感じ。


確かに肩の辺り引っ張られる感じもする(笑)

難しいぜ!


そして回避。
今回は光電管使ったハイテク仕様

しかしこの辺りから雨が降ったり止んだり

路面はハーフウエット状態…

正直ハンドルを思いっきりコジる回避はやりたくねぇ←チキン野郎(笑)

ビビりつつ、40前後で進入…まだか…まだか…まだかー!

矢印おそっ!
相も変わらず怖い科目だ。


最後は皆のお楽しみ、コーススラローム…が…雨が降ったり止んだりで路面が安定しない…


とりあえずフルウェットに成る前にとっとと走り出す…も…今回のコーススラローム…コースが全部クランク…


クランク×4+直線が2箇所…


面白くない…コース作る時間が無かったんかなあ~


もうウェットなので、曲がりながらブレーキングは封印しました。転けるのはイヤ←チキン野郎(笑)

ちなみにセローが1台転倒していましたがライダー無事みたいでした。


ブロックタイヤはウエット状態にてきめんに弱いからなあ~

ライダー無事でほんとに良かった。


帰りにYSPに挨拶をして帰路につきました。
目標の『精度向上』はいまいち出来なかったなあ~


今回の講習会、初心者向けと言うところが有るのかもしれません。しかし、ほぼ(ブレーキング除く)放置された状態で、四千円は無い!
場所代にしても高いです。もっとアドバイス欲しいと思った今日この頃でした。
[ 2013/06/24 21:57 ] 講習会、練習会 | TB(0) | CM(0)

YAMAHA講習会IN山城田辺教習所 午前中編

本日はYAMAHA講習会で山城田辺教習所へ行ってきました。

遅刻寸前で、会場に到着(朝弱し)

当たりを見渡し、さぁ挨拶周りをと…

えーと…

講師陣を除き知り合いが皆無
周りはツーリング仲間で来ておられる感じ…何、この久々のアウェイ感。地元やのに…
寂しい…

それはさておき、
まずは体操、バイクの点検、乗車姿勢といつも通りの講義が終わり、さぁ~走るよ!

午前中のメニューは
①パイロンスラローム(オフセット含む)
②応用千鳥
③狭路


今日の目標は『精度向上』が…ここは『初心者講習会』まず千鳥が広い、狭路も広い!ついでにパイスラのパイロンの感覚も広い!


うーむ…課題が優しい!
ならば、自ら難しくするまで!

パイスラは一速縛り、千鳥は二速縛り、狭路は二速で20秒以上!更に後半は千鳥、狭路共に、リアブレーキを封印。

千鳥は上記条件でも楽勝。


ただ狭路は、駆動がかかりにくいので、二速縛り+リアブレーキ封印だとリカバリーが効きにくい!つーか、リカバリーほぼ不可能…


ならばと、リカバリーし易いスタンディングへ変更。とりあえず目標の20秒はクリアするようにしたが、コレは練習に成っているんだろうか?

狭路や千鳥の仕様がさっぱり分からないため、何とも言えない…

対照的に、スラロームはかなり練習に成った!

一速縛りで二速並みに走るには、きっちりアクセル使えないと、エンブレで車速落ちすぎたり、つんのめったりしてしまう。

実際何度かフロント入りすぎてアクセル開けれない姿勢になる。

アクセルワークを繊細に!時には微妙にクラッチを使って切り抜ける!

かなり集中イリマス

しかし『精度向上』超地味だ(笑)

でもこんな地道な練習が来年度の大会につながるんだろうな~

明日は午後編を書きます。
[ 2013/06/23 22:49 ] 講習会、練習会 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。