スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二輪安全運転全国大会

私は応援に行けてませんが

二輪安全運転全国大会、京都優勝したらしいです
すげえ!
凄い人々と練習してたんだな

お疲れ様でした。
来年度に向けて練習頑張ろう。
スポンサーサイト
[ 2013/08/04 20:53 ] 大会 | TB(0) | CM(0)

二輪車安全運転京都府大会。得点

来年度は安全運転京都府大会取りに行きたい!

と言うことで、まずは今年の反省。

とりあえず安協さんに電話をし、得点と順位を聞いてみると…

得点→マイナス34点
順位→8位


うーむ…
パッとしねぇ!


減点内訳は
法規→マイナス4
コーナリング→マイナス15
応用千鳥→マイナス15


とりあえず法規…減点ポイントが分からん…

コーナリングは前にも書きましたとおり、フロントでマーカはじく多分複数マーカ飛ばしてると思います。


応用千鳥はパイロンタッチだろうけど、1本タッチではマイナス15取られないやろうし、複数タッチしてると思います。

いつも通りにやればいい。
当たり前の事を当たり前にする事。

難しいよなあ~

簡単なようで難しい。

レースは勝たなきゃ意味がない!

とりあえず来年度は狙いに行きます!
あとはひたすら反復練習、ひたすら精度の向上。
ひたすら練習です!

頑張ります!
[ 2013/06/19 20:03 ] 大会 | TB(0) | CM(0)

二輪車安全運転京都府大会、番外編


大会の結果、反省点などなどは昨日までに書いたため、本日は番外編です。

まずは、あれっと思うこと。
昨年度の特練見学日記でも書きましたが…(リンク張り方がわからないので、興味有る方は2012年7月のアーカイブ参照下さい…すいません超生意気です…)

京都府民限定じゃないんかい!
いや、そういう私も昨年度は滋賀で走らしてもらったが、採点は教えてくれなかったぞ!入賞も入られてしまってたがこれイカに?

でもこうなったら、来年度実力で、京都府民だけで表彰台(無いけどな)独占しましょう!
及ばずながら頑張ります。


次に、頑張ってた人々。


皆頑張ってたが(当たり前)印象に残ったのが、名も知らぬVTR250の女性ライダー。
応用千鳥で転倒するも、マシン起こして一生懸命やってたのが印象に残りました!そういう姿勢、大好きです!


次に同じ会社の身内だが、CB1300STを駆る後輩U君。

一年前は俺が半ば無理やり引っ張って大会参加させた彼。

彼はツーリングが好きなだけに、元々下手なライダーじゃなかったが…一年で…
別人に成ってますがな!

応用千鳥は惜しくもクリア成らなかったが、寸前まで粘り倒す姿勢とクリア寸前まで行ける様になった技量アップ!

一か八か行ってたら、おそらく高確率でクリア出来たと思う。
が…転けるなと言う絶対命令を出してたから、惜しい所でクリア成らず。

でも、それで正解。
来年度はクリアしような。

彼の走りは、スラローム走行と、コーナリングも見せてもらいました。目線落ちる癖が無くなっている。

努力したんだなあ~と感じました。


次に私がやらかしちまった事

まず朝一番、すいません寝坊した。集合に遅刻…ゴメンなU君
次に応用千鳥、狭い方行くのにゴネた…男らしくない!カッコ悪い!

でも、ほぼ車格の同じシェルパの女性が広い方…行って…
いや、もう言うまい!男らしく行こう!

次に印象に残った人等。

まず、フライングゲットって何?

コースウォーキングでひたすら地面の落ち葉や砂を蹴り飛ばす方(笑)気持ちは分かります!

何故かスクーターで参加だった顔見知りの方

自転車の大会勧められてたいつもの安協さん(自転車の大会よければ僕も出ますよ~声かけて下さいね)

応援に来てくれ、応用千鳥べた褒めしてくれたM様

勝てないなあと思ってて、やっぱり勝てなかったK様

応援に来てくれた会社のY先輩

上手に走っていた、XTZ125の若きライダー
[ 2013/06/04 21:38 ] 大会 | TB(0) | CM(2)

二輪車安全運転京都府大会、総括


昨日予告通りその他種目と総括を…

まずは、残り種目として書いてないのは、えーと
①法規走行
②一本橋
③ブロックスネーク
④コーススラローム
以上4点。
それでは個別に振り返って行きましょう。

まず①法規走行
ぶっちゃけ一番心配でした!上がってましたよ…ええ
後輩も横に居たのでそんな事はおくびにも出さず(出てなかったよなU後輩?)
さぁ行くかと、左ウインカーを出して…と…

その後…えーと、正直に言います…気がついたら終わってました(笑)

一応自分では大丈夫だったと思うのですが…(一応大型二輪試験場で取ってるし)減点されててもさっぱり分かりません!


次に②一本橋
これは減点無い(はず)一応20秒狙いで何事も無く渡り切りました。


更に③ブロックスネーク
コレは最も嫌いなのですが…
コレも減点無いはず!リアの脱輪ショックも無かったし…タイム制限無かったので非常に助かりました!


最後に④コーススラローム。
コレは2速で走りました。セロー1速が短すぎる!
昨年度の様にミラーでパイロンしばく事も無く、規定タイム+αぐらいで無事終了…と思ってました。さっき白バイデモランをYouTubeの動画を見るまでは…

一カ所、パイロンのどちら側通れば良いか?迷った所有ったのですが(コースウォークでキチンと覚えましょう)…あれ?


オレ…ミスコースしたかも…しかもパイロンのどちら側走ったか覚えてない…

どんだけテンパったがわかりますね(笑)

後は昨日書いたとおり、慢心で落としました。


感想としては…えーと
一言で言うと…


ボコボコじゃねぇか!


何をしているのやら!こないだの数検を思い出すボコボコっぷり!


やれやれだ。


2年目総括としては…ダメダメだ!話にならない

しかし、課題は確実に出来ることが判明(慢心無ければ)特に、応用千鳥の原チャリコースをパイロン接触しながらも抜けれたのは大きな自信に成りました!

来年、みてやがれ

総括終わった後でなんですが…明日は、番外編。すいません明日で終わります

よくやった!って思った人。
おかしくねぇ?と思うこと
バレちゃった(笑)と言うこと
競技以外での私の失敗(笑)等を書きます
[ 2013/06/03 21:35 ] 大会 | TB(0) | CM(1)

二輪車安全運転京都府大会、慢心編

本日は休憩日。
セローをハイシートに戻し、自賠責を更新し、うろうろしてました。


それはそれとして


昨日書いた『慢心による失敗』を自戒のために書きます。
二度と慢心なんてしないように!


昨日も書きましたが、やらかしたのは3つ。
①応用千鳥
②急制動
③コーナリング


最初に①の応用千鳥の顛末から。
セローはハンドルがかなり切れるため(左右51度だったかな?)応用千鳥は原チャリ用にアタックする事になりました。

この前の白バイ講習で、原チャリ用の応用千鳥は体験済みだったため、『コレはイケる』と言う心が出てしまう。


スタートすると超狭い!白バイ講習の時より狭く感じました(そんな事は無いと思いますが)

ラインの余裕が多分、数センチ単位…

F1、モナコグランプリじゃねえんだから…聞いてないよって思いました!

タイヤ半分もラインズレたら即終了!

ここで『コレはイケる』と思っていたのを大後悔!51度をフルに生かすも、最初の入りがふくらんでいたため、時すでに遅し…パイロン1つ、かすってしまいました

次に②の急制動

指示速度40キロ…も、メーター誤差を考えて進入速度を45キロに決めました。が…

実際は、メーター読み48キロで入りました!

コレも進入直前、ギリギリで45キロに調整出来たはず!(メーター見る余裕有ったんだから!)

軽量なセローなら止まれると言う驕りがあったんだろうなあ~

結果、後輪ロックこそしてないが、完全にジャックナイフ状態…オマケにおそらくオーバーラン

審判員の方に『ジャックナイフだけど大丈夫?』と心配していただきました。もう完全に後輪上がってたんだろう

最後に③のコーナリング

昨年度とコース変わってなくて、昨年度クリアしてて、ジャックナイフやった直後だったこともあり何も考えられず、また『コレはイケる』と言う驕りが出ました。

180度ターンの最後で、フロントに伝わる衝撃!
外側のマーカーを踏んでしまいました!

ややオーバースピード気味だったらしい

このように3ヶ所のミスをしてしまいました。

出来ないのならまだ罪は軽い!(練習は要ると思うけど)

一か八か、攻めての失敗。コレも罪には問えないと思う。

しかし慢心や驕りは油断があったと言うこと!年一回しかチャンス無いことを知ってるはずやのに!

競技やレースは一発勝負!『たら、れば無し』を目標としてるはずやのに!


自信を持つことは悪いことではないと思います。それだけの努力の積み重ねだと思うから。

ただそれが慢心と成るとちょっと待て!

ただ今回の救いは、クローズドコースだったこと。コレが公道なら目も当てられない!
[ 2013/06/02 19:25 ] 大会 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。