スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年も始まります

いよいよ明日から、鈴鹿8耐が始まります。
今年はエントリーが80チームオーバーとのこと。

もう10年以上8耐見てますが、こんなにたくさんのチームが居るのは初めてじゃないかな?

予選落ちも出るみたいです。
明日はまずフリーからです‼

Ustreamでのライブ中継やニコニコ動画の過去の8耐放送も有るみたいです。

昼休みガン見します‼

全てのチーム、ライダーが物凄く頑張ってる。全ライダー、チームが、満足出来る走りが出来ることを願います。

ただし、それでも、勝てるのは1チームのみ。
頑張りと結果は(特に耐久レースは)比例しません。

けどね、そこで頑張るから、見るものを引き付けるのだと思います。

いつもの台詞ですが、レースは勝たなきゃ意味がない。
今年はどんなレースか…楽しみです‼
スポンサーサイト
[ 2015/07/23 00:36 ] レース | TB(0) | CM(0)

Q1突破!

F1第4戦バーレーングランプリ。

マクラーレンホンダQ1突破!Q2進出!おめでとうございます。
徐々にではあるが、よくなってるんだろう。

特にストップ&ゴーのバーレーンでQ1突破出来たのは、エンジンも徐々に仕上がってきているのかなと思います。

まあ、Q3進出はならづだが、まずは最初の一歩です。
フライアゥエイも今回で終わります。
まだまだこれからですね。

ヨーロッパに戻ったら、他のチームも開発ピッチを上げてくるでしょう。
そこで離されないように、頑張ってください。

まだまだシーズン先は長い。今期表彰台にマクラーレンホンダが乗ることを期待しています。
[ 2015/04/20 22:20 ] レース | TB(0) | CM(0)

F1第3戦を終えて

2015年度F1も、第3戦を終わり、後バーレーンが終われば、フライアゥエイ4連戦が終わります。

今のところ、前評判通り、メルセデスの1人勝ち。

第2戦では、タイヤを持たす車体を存分に発揮し、メルセデスから優勝を奪ったフェラーリですが、第3戦をみる限り、コースによっては勝機がある物の、総合的にはメルセデスのハイパフォーマンスが目立ちます。

この後、ヨーロッパに戻ってからが本格的なアップグレードと成ることは充分承知しています…が…
いくつか気になる所があります。

まずは、マルシャ。
今年にがぎったことではない。また、マルシャに限ったことでもない。そして、現場は一生懸命やってるであろうとは思いますが…

やる気はあるのか?
レースなんだから、(しかも世界一の)ただ走ってれば良いと言う物ではないでしょう?

確かに一位が居る以上、最下位が居るのは必然だ。それもまたレースの非情な面です。

でも、もうちょい何とかならないか?

アップグレードしてください。やれば出来ると夢をみさせてください。

次に、マクラーレンホンダ。
徐々にパフォーマンス上がってるように見えます。もともとコーナリングは悪くなかったし、今回はフリーでもかなり良いところに居たし、予選もQ1突破か?と手に汗握りました。
ですがですよ…

燃費悪すぎてストレートでフルパワー出せずぶち抜かれるってなんじゃそりゃあ!!

確かにベンチでエンジン回してるだけでは確認出来ないことたくさんアルでしょう。

ハード面なら振動や熱害。

ソフト面なら多種多様なパターンの動作確認なんかが上げられます…が…

燃費の確認は、量産車でもやることではないのか?

ただ、燃料重視で(過剰に)パワーをセーブするよりは何倍もましだと思いますが…そこはシュミレーションしとかなあかんでしょう?

レースは勝たなきゃ意味がない。

今年中に表彰台に上ってくれることを期待します。
[ 2015/04/14 22:30 ] レース | TB(0) | CM(0)

新生、マクラーレンホンダ


先週末より、F1が開幕しました。

この時を待っていた!

いつもの通り、オーストラリア、アルバートパークにて開幕戦。

今年も速いメルセデスに、何かひさびさに調子がいいフェラーリ。

中の上あたりにウィリアムズが居て

いつものごとくキチンと速いレッドブル、中段にはいつものごとくロータス、トロロッソ、ザウバーが構えます。

そして、忘れちゃあいけない、23年ぶりの復活、マクラーレンホンダ。

ホンダは第三期では、1勝しか出来ていないし(しかも雨でライバルが潰れたから勝てただけ)実力不足だった。

今回はマクラーレンと組んでの、かつて、アイルトンセナが居た名門チームが復活。

ものすごい楽しみにしてました。

テストはいまいち、開幕戦大丈夫か?と言う声があちこちから聞こえていましたが、私は大丈夫と思ってました。

だってホンダだよ。
マクラーレンだよ。
最強じゃない?

The power of dreamsだよ。

大丈夫、大丈夫。テストはテスト。本番なったら最強だから…


大丈夫じゃなかった~予選実質最下位!
コーナリングは悪くなさそうだが…

ま、予選は予選だしと思ってたら…

レースも大丈夫じゃなかった…

まずはインストレーションラップで一台白煙を吹きつつストップ…

ま、まだレース始まってもいないのに…
もう一台はスタートを切ったものの…コーナリングは悪くない。ハンドル切り足したり、戻したりしてないし。ただね…

ストレートが遅すぎる!

テレビで目に見えて遅い。コレはよっぽどだわ。

どーも熱の影響で、最大出力まで使えないらしい…

熱か…次マレーシアなんだが大丈夫だろうか…

結局、トップから2周遅れで、完走。

うーむ、正直、もうちょい何とか成ると思ってたが…道は険しいかなぁ。

ただ、素性は良さそうなんだよね…今年の後半は化けるかも。

とりあえずヨーロッパ戻るまでは、どないも成らないかな?
長い目で見守って行こうと思います。
[ 2015/03/16 23:29 ] レース | TB(0) | CM(1)

F1日本グランプリ決勝


昨日はF1日本グランプリ決勝。

いやあこんなに荒れた鈴鹿はひさびさ。過去には台風直撃で予選、決勝同日開催とかも有ったけど、今年はすごかった。
では振り返って行きましょう。

まずいつものようにフォーメーションラップが…スタートしねぇ!

あまりのウエット度合いに、主催者側が危険と判断。セーフティーカー先導でレーススタート。
鈴鹿のセクター1は水、溜まりやすいからね。
確かに、凄いウォータースクリーン。何も見えん。

と、セーフティーカー先導で3ラップした時に、赤旗中断…

それを見て、今年の日本グランプリは大丈夫かと心配に…

すぐに赤旗解除され、再びセーフティーカー先導でリスタート。

数周後、スタート前にアロンソが止まる…いきなり車の電源落ちていた。

アロンソの車を回収し、更に数周…遂にレーススタート!

もんのすごいウォータースクリーンの中全車フルパワー2014年日本グランプリが始まりました。

予想通り逃げを打つメルセデス勢、そしてそれについて行けないウィリアムズ勢
ウィリアムズを狙うレッドブル勢。

我らが日本、小林可夢偉も無事スタートを切ります。

ウィリアムズ勢のペースが上がらずレッドブルにつつき回される。特にコーナリングがキツそう。タイヤが路面をとらえ切れていない。

レッドブルのベッテル、リカルドはそれを見逃さず、ベッテルはヘアピンのブレーキングでウィリアムズをパス。リカルドは何と、逆バンクで並び、ダンロップコーナーでウィリアムズ2台を料理する。雨の中であの挙動…よっぽど自信有るのでしょう。

凄いな…もう10何年鈴鹿見てるけど、あんなとこで抜けるモンなのか…数年前の小林可夢偉のヘアピンのパスも驚いたがそれ以上だわ…

そうこうしている内に、何故か使える様に成ったDRSを使い、ハミルトンがロズベルグを追い詰める。
1度ブレーキミスしたものの、1コーナーのアウトから豪快にバッシング!トップ2台も順位を入れ替える。

ロズベルグは抜かれた時点で、タイヤがダメだった様でみるみるうちにギャップを作られる。

3番手のレッドブル勢が詰めるかどうかというレース終盤、ザウバーのスーティルが、ダンロップコーナーでアクアプレーニングによりスピンアウト。

そして次の周、国際映像では捉えてなかったけど、マルシャのビアンキが同じようにスピンアウトし、ザウバー車を回収中の重機に激突したらしい。
この事故で、本日2回目のセーフティーカーが導入。ほぼ間髪入れず、本日2回目の赤旗。そして8周あまりを残し、そのままレース終了、44周目(セーフティーカーが入った周)の順位でレース成立。

後味悪い日本グランプリと成りました。
ビアンキは緊急手術を受けたそう。無事を祈ります。

そして我らが小林可夢偉。一時は15番手まで順位上げました。結果、19番手ですが、あの車では上出来だと思います。

あと4戦、やれば出来ると言うことを見せてほしいと思います。
[ 2014/10/06 20:22 ] レース | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。