かけがえのない灼熱へ 2013


昨日の第2回ボクシング体験により、今日はあちこちイタイ…その話はまた書くとして…


今年も鈴鹿8耐まで1月を切りました。

昨年度は良いレースだった。


予選から2分6秒台を叩き出す中須賀選手に始まり、その中須賀選手がよりにもよって130Rで転ぶ!

でも、ボロボロに成った体でボロボロのマシン押して戻る。あの時涙が出そうに成ったよ


ホンダワークスのハルクプロ、清成選手もアウトラップで転倒→炎上するわ終盤SERTは転ぶわBMW99は故障するわヨシムラ止まるわ…何か荒れた8耐だったなあ~


そして忘れられないエヴァレーシングとヤマハGMT94の闇夜の一騎打ち!

両者ともマフラーから火を吹きつつの、2分11秒台という夜間にしては驚異的なタイムでの3位争い!


そして、残り3分!たったの3分!あと1周で完走だったのにエンジンブローしちゃったエヴァレーシング…


そこら辺の、お仕着せのドラマなんか目じゃないドラマがあそこには有ります。

努力したから上手く行く、夢は絶対叶う…世の中そんなに甘くない。そう言うことを見せてくれる。

それは有る意味しんどいことやと思う。でも『絶対』が無いのに努力し続ける人間の尊さ、強さ、転倒し、時には炎上して、最早勝てないと分かっててなお、バイク押して帰って来るライダーの強さ。

そして、目一杯、それこそベストラップ出したとしても、ワークスには一周辺り数秒の差を付けられてしまうプライベートチームも沢山居ます。


でも、それに腐ることなくやれることは全てやってレースに臨むチームの気高さ!


しかし、あえて言います


レースは勝たなきゃ意味がない!


あの場のライダーやチームメンバーは全員それを分かっているはず!


にもかかわらず努力し続ける!かっこいい人たちです!


今年も、努力の先に待っているのは栄光かそれとも…魔物か…


全てのチーム、全てのライダーが、満足行く走りが出来ることを祈っています。

あと1月!


このブログお読みいただいてる皆様、是非とも7月28日鈴鹿に足を運んで見て下さい。今年もきっと、良いレースが見られることと思います!
スポンサーサイト
[ 2013/06/30 23:23 ] レース | TB(0) | CM(0)

YAMAHA講習会IN山城田辺教習所 午後編


昨日の続きです。

午後の科目は
①ブレーキング(急制動+目標制動)
②回避
③コーススラローム

まずはひたすらブレーキング。

まあ…予想通り…

リア、上がるなあ~

体重を目一杯かけても上がる…困ったモンだ(笑)

そのとき、講師の方より『ただ体を後傾させるだけじゃなく、肩の辺りを何かに引っ張られる様に後ろに出してみ』とアドバイスいただいた。

肩の辺りを…何かに…???

数回その様に頑張ってみた…

????

分からないなあ~と思った次の急制動で…




分かった!
肩の辺り引っ張られると言うよりは、目線を上げて後傾度を上げる感じ。


確かに肩の辺り引っ張られる感じもする(笑)

難しいぜ!


そして回避。
今回は光電管使ったハイテク仕様

しかしこの辺りから雨が降ったり止んだり

路面はハーフウエット状態…

正直ハンドルを思いっきりコジる回避はやりたくねぇ←チキン野郎(笑)

ビビりつつ、40前後で進入…まだか…まだか…まだかー!

矢印おそっ!
相も変わらず怖い科目だ。


最後は皆のお楽しみ、コーススラローム…が…雨が降ったり止んだりで路面が安定しない…


とりあえずフルウェットに成る前にとっとと走り出す…も…今回のコーススラローム…コースが全部クランク…


クランク×4+直線が2箇所…


面白くない…コース作る時間が無かったんかなあ~


もうウェットなので、曲がりながらブレーキングは封印しました。転けるのはイヤ←チキン野郎(笑)

ちなみにセローが1台転倒していましたがライダー無事みたいでした。


ブロックタイヤはウエット状態にてきめんに弱いからなあ~

ライダー無事でほんとに良かった。


帰りにYSPに挨拶をして帰路につきました。
目標の『精度向上』はいまいち出来なかったなあ~


今回の講習会、初心者向けと言うところが有るのかもしれません。しかし、ほぼ(ブレーキング除く)放置された状態で、四千円は無い!
場所代にしても高いです。もっとアドバイス欲しいと思った今日この頃でした。
[ 2013/06/24 21:57 ] 講習会、練習会 | TB(0) | CM(0)

YAMAHA講習会IN山城田辺教習所 午前中編

本日はYAMAHA講習会で山城田辺教習所へ行ってきました。

遅刻寸前で、会場に到着(朝弱し)

当たりを見渡し、さぁ挨拶周りをと…

えーと…

講師陣を除き知り合いが皆無
周りはツーリング仲間で来ておられる感じ…何、この久々のアウェイ感。地元やのに…
寂しい…

それはさておき、
まずは体操、バイクの点検、乗車姿勢といつも通りの講義が終わり、さぁ~走るよ!

午前中のメニューは
①パイロンスラローム(オフセット含む)
②応用千鳥
③狭路


今日の目標は『精度向上』が…ここは『初心者講習会』まず千鳥が広い、狭路も広い!ついでにパイスラのパイロンの感覚も広い!


うーむ…課題が優しい!
ならば、自ら難しくするまで!

パイスラは一速縛り、千鳥は二速縛り、狭路は二速で20秒以上!更に後半は千鳥、狭路共に、リアブレーキを封印。

千鳥は上記条件でも楽勝。


ただ狭路は、駆動がかかりにくいので、二速縛り+リアブレーキ封印だとリカバリーが効きにくい!つーか、リカバリーほぼ不可能…


ならばと、リカバリーし易いスタンディングへ変更。とりあえず目標の20秒はクリアするようにしたが、コレは練習に成っているんだろうか?

狭路や千鳥の仕様がさっぱり分からないため、何とも言えない…

対照的に、スラロームはかなり練習に成った!

一速縛りで二速並みに走るには、きっちりアクセル使えないと、エンブレで車速落ちすぎたり、つんのめったりしてしまう。

実際何度かフロント入りすぎてアクセル開けれない姿勢になる。

アクセルワークを繊細に!時には微妙にクラッチを使って切り抜ける!

かなり集中イリマス

しかし『精度向上』超地味だ(笑)

でもこんな地道な練習が来年度の大会につながるんだろうな~

明日は午後編を書きます。
[ 2013/06/23 22:49 ] 講習会、練習会 | TB(0) | CM(0)

二輪車安全運転京都府大会。得点

来年度は安全運転京都府大会取りに行きたい!

と言うことで、まずは今年の反省。

とりあえず安協さんに電話をし、得点と順位を聞いてみると…

得点→マイナス34点
順位→8位


うーむ…
パッとしねぇ!


減点内訳は
法規→マイナス4
コーナリング→マイナス15
応用千鳥→マイナス15


とりあえず法規…減点ポイントが分からん…

コーナリングは前にも書きましたとおり、フロントでマーカはじく多分複数マーカ飛ばしてると思います。


応用千鳥はパイロンタッチだろうけど、1本タッチではマイナス15取られないやろうし、複数タッチしてると思います。

いつも通りにやればいい。
当たり前の事を当たり前にする事。

難しいよなあ~

簡単なようで難しい。

レースは勝たなきゃ意味がない!

とりあえず来年度は狙いに行きます!
あとはひたすら反復練習、ひたすら精度の向上。
ひたすら練習です!

頑張ります!
[ 2013/06/19 20:03 ] 大会 | TB(0) | CM(0)

ボクシング体験

昨日はプロボクサーライセンスを持つ後輩に連れられ、京都の塚原ボクシングジムさんにてボクシング体験をして来ました。


とりあえず気温が低くて良かった。暑かったら熱中症の危険が…


教わったのは、左ジャブとワンツー
そしてサンドバックとミット打ち。
とりあえず難しい!
一番の問題は、手と足が全くシンクロしない(笑)
あとは、左拳の裏側見えてしまうとか、スタンス(足の開き幅)が狭いとか、ガードは体を捻るとか、もうちょい膝曲げよう…etc

ひたすら基礎を黙々とやる。でも、どんなスポーツでもコレは大事(当たり前!)そして、楽しい

うーむ…バイクのブレーキングみたいに反復練習で、一個出来たら連鎖的に出来るようには成るんだろうけど…


例えばブレーキングだと、

ブレーキかける→ブレーキG発生→ふらつかないために目線が前に向く→視野を確保するため体を起こさなあかん(と同時に腕にGがかかるのを防ぐため)ニーグリップ→後輪加重が抜けるので体やや後傾となる(あくまで私の場合ですが)
上記を同時平行、無意識にやっている


基礎は大事だ。
バイクでも、ぶっちゃけ目線とニーグリップ出来ない人、何も出来ない!


次は後輩相手にスパーリング2ラウンド。

が…後輩ヘッドギア付けて、よけませんから打って下さいと言ってくれては居るが…


心理的に打ちにくい…もちろん相手プロなのはわかってて、俺のへなちょこ当たっても、どうってことないし、と言うのはわかってても…やっぱ、やり難い…

とりあえずガンガン行くと遠慮も取れて、これでもか!とやるが、キツい。

どーも、ジムカーナの練習と同様に集中すると無意識に息を止めてしまう(笑)

2ラウンド目、開始時点でもう呼吸が…ヘロヘロ(笑)それでも何とか2ラウンド頑張った!


いい経験になりました

機会があればまた行ってみたい。

何事も、無意識に体が動くまで反復練習。それが確認出来たことが収穫でした。
[ 2013/06/16 13:16 ] 日々の日記 | TB(0) | CM(0)

点検終了

昨日より、セロー250点検出してきました。


本日仕事終わりにYSPより『セロー点検終わったし』とのことなので…


もう速攻取りに行きました(笑)


とりあえず、交換箇所は、
①フォークオイル
②エンジンオイル
③ブレーキフルード
④プラグ
以上かな?

そのほか、バッテリー充電、空気圧補充、チェーン調整、エアクリ清掃…etc


YSP様ありがとうございます。おかげで安心して…講習会走れます!!


インプレとしては、シフトが軽い!


ブレーキフィーリング若干変わった…かな?プラシーボの疑いが強いが…


で…また…車高上がった…またタイヤ空気圧不足気味だったんかい…こないだ入れたと思ったのになぁ~

フロントフォークのオイル交換は大当たり。

キチンとダンパ効くように成った!
ギャップ乗ってもフロント1往復しなくなったし!
ノーズダイブも押さえ気味。


でもフルブレーキしてみたら、後輪は浮いた…


さぁ次はヤマハ講習会。でもその前にどっか行こうっと
[ 2013/06/10 22:16 ] 日々の日記 | TB(0) | CM(0)

知らんかった!


写真にご注目ください



この写真、おかしいです
セローに乗って丸2年経ちますが、コレはびっくり



セロー、右側でも、ハンドルロックがかかる!!
今日、何の気なしにやってみたら、出来たので、びっくり



俺の知らない秘密がまだ、このバイクにはアルかも…

[ 2013/06/08 18:14 ] 日々の日記 | TB(0) | CM(0)

二輪車安全運転京都府大会、番外編


大会の結果、反省点などなどは昨日までに書いたため、本日は番外編です。

まずは、あれっと思うこと。
昨年度の特練見学日記でも書きましたが…(リンク張り方がわからないので、興味有る方は2012年7月のアーカイブ参照下さい…すいません超生意気です…)

京都府民限定じゃないんかい!
いや、そういう私も昨年度は滋賀で走らしてもらったが、採点は教えてくれなかったぞ!入賞も入られてしまってたがこれイカに?

でもこうなったら、来年度実力で、京都府民だけで表彰台(無いけどな)独占しましょう!
及ばずながら頑張ります。


次に、頑張ってた人々。


皆頑張ってたが(当たり前)印象に残ったのが、名も知らぬVTR250の女性ライダー。
応用千鳥で転倒するも、マシン起こして一生懸命やってたのが印象に残りました!そういう姿勢、大好きです!


次に同じ会社の身内だが、CB1300STを駆る後輩U君。

一年前は俺が半ば無理やり引っ張って大会参加させた彼。

彼はツーリングが好きなだけに、元々下手なライダーじゃなかったが…一年で…
別人に成ってますがな!

応用千鳥は惜しくもクリア成らなかったが、寸前まで粘り倒す姿勢とクリア寸前まで行ける様になった技量アップ!

一か八か行ってたら、おそらく高確率でクリア出来たと思う。
が…転けるなと言う絶対命令を出してたから、惜しい所でクリア成らず。

でも、それで正解。
来年度はクリアしような。

彼の走りは、スラローム走行と、コーナリングも見せてもらいました。目線落ちる癖が無くなっている。

努力したんだなあ~と感じました。


次に私がやらかしちまった事

まず朝一番、すいません寝坊した。集合に遅刻…ゴメンなU君
次に応用千鳥、狭い方行くのにゴネた…男らしくない!カッコ悪い!

でも、ほぼ車格の同じシェルパの女性が広い方…行って…
いや、もう言うまい!男らしく行こう!

次に印象に残った人等。

まず、フライングゲットって何?

コースウォーキングでひたすら地面の落ち葉や砂を蹴り飛ばす方(笑)気持ちは分かります!

何故かスクーターで参加だった顔見知りの方

自転車の大会勧められてたいつもの安協さん(自転車の大会よければ僕も出ますよ~声かけて下さいね)

応援に来てくれ、応用千鳥べた褒めしてくれたM様

勝てないなあと思ってて、やっぱり勝てなかったK様

応援に来てくれた会社のY先輩

上手に走っていた、XTZ125の若きライダー
[ 2013/06/04 21:38 ] 大会 | TB(0) | CM(2)

二輪車安全運転京都府大会、総括


昨日予告通りその他種目と総括を…

まずは、残り種目として書いてないのは、えーと
①法規走行
②一本橋
③ブロックスネーク
④コーススラローム
以上4点。
それでは個別に振り返って行きましょう。

まず①法規走行
ぶっちゃけ一番心配でした!上がってましたよ…ええ
後輩も横に居たのでそんな事はおくびにも出さず(出てなかったよなU後輩?)
さぁ行くかと、左ウインカーを出して…と…

その後…えーと、正直に言います…気がついたら終わってました(笑)

一応自分では大丈夫だったと思うのですが…(一応大型二輪試験場で取ってるし)減点されててもさっぱり分かりません!


次に②一本橋
これは減点無い(はず)一応20秒狙いで何事も無く渡り切りました。


更に③ブロックスネーク
コレは最も嫌いなのですが…
コレも減点無いはず!リアの脱輪ショックも無かったし…タイム制限無かったので非常に助かりました!


最後に④コーススラローム。
コレは2速で走りました。セロー1速が短すぎる!
昨年度の様にミラーでパイロンしばく事も無く、規定タイム+αぐらいで無事終了…と思ってました。さっき白バイデモランをYouTubeの動画を見るまでは…

一カ所、パイロンのどちら側通れば良いか?迷った所有ったのですが(コースウォークでキチンと覚えましょう)…あれ?


オレ…ミスコースしたかも…しかもパイロンのどちら側走ったか覚えてない…

どんだけテンパったがわかりますね(笑)

後は昨日書いたとおり、慢心で落としました。


感想としては…えーと
一言で言うと…


ボコボコじゃねぇか!


何をしているのやら!こないだの数検を思い出すボコボコっぷり!


やれやれだ。


2年目総括としては…ダメダメだ!話にならない

しかし、課題は確実に出来ることが判明(慢心無ければ)特に、応用千鳥の原チャリコースをパイロン接触しながらも抜けれたのは大きな自信に成りました!

来年、みてやがれ

総括終わった後でなんですが…明日は、番外編。すいません明日で終わります

よくやった!って思った人。
おかしくねぇ?と思うこと
バレちゃった(笑)と言うこと
競技以外での私の失敗(笑)等を書きます
[ 2013/06/03 21:35 ] 大会 | TB(0) | CM(1)

二輪車安全運転京都府大会、慢心編

本日は休憩日。
セローをハイシートに戻し、自賠責を更新し、うろうろしてました。


それはそれとして


昨日書いた『慢心による失敗』を自戒のために書きます。
二度と慢心なんてしないように!


昨日も書きましたが、やらかしたのは3つ。
①応用千鳥
②急制動
③コーナリング


最初に①の応用千鳥の顛末から。
セローはハンドルがかなり切れるため(左右51度だったかな?)応用千鳥は原チャリ用にアタックする事になりました。

この前の白バイ講習で、原チャリ用の応用千鳥は体験済みだったため、『コレはイケる』と言う心が出てしまう。


スタートすると超狭い!白バイ講習の時より狭く感じました(そんな事は無いと思いますが)

ラインの余裕が多分、数センチ単位…

F1、モナコグランプリじゃねえんだから…聞いてないよって思いました!

タイヤ半分もラインズレたら即終了!

ここで『コレはイケる』と思っていたのを大後悔!51度をフルに生かすも、最初の入りがふくらんでいたため、時すでに遅し…パイロン1つ、かすってしまいました

次に②の急制動

指示速度40キロ…も、メーター誤差を考えて進入速度を45キロに決めました。が…

実際は、メーター読み48キロで入りました!

コレも進入直前、ギリギリで45キロに調整出来たはず!(メーター見る余裕有ったんだから!)

軽量なセローなら止まれると言う驕りがあったんだろうなあ~

結果、後輪ロックこそしてないが、完全にジャックナイフ状態…オマケにおそらくオーバーラン

審判員の方に『ジャックナイフだけど大丈夫?』と心配していただきました。もう完全に後輪上がってたんだろう

最後に③のコーナリング

昨年度とコース変わってなくて、昨年度クリアしてて、ジャックナイフやった直後だったこともあり何も考えられず、また『コレはイケる』と言う驕りが出ました。

180度ターンの最後で、フロントに伝わる衝撃!
外側のマーカーを踏んでしまいました!

ややオーバースピード気味だったらしい

このように3ヶ所のミスをしてしまいました。

出来ないのならまだ罪は軽い!(練習は要ると思うけど)

一か八か、攻めての失敗。コレも罪には問えないと思う。

しかし慢心や驕りは油断があったと言うこと!年一回しかチャンス無いことを知ってるはずやのに!

競技やレースは一発勝負!『たら、れば無し』を目標としてるはずやのに!


自信を持つことは悪いことではないと思います。それだけの努力の積み重ねだと思うから。

ただそれが慢心と成るとちょっと待て!

ただ今回の救いは、クローズドコースだったこと。コレが公道なら目も当てられない!
[ 2013/06/02 19:25 ] 大会 | TB(0) | CM(0)

速報!二輪車安全運転京都府大会


本日は二輪車安全運転京都府大会。


このブログは、昨年度の京都府大会をきっかけに始めたので、もう一年経ったと言うことに…早いなあ一年。ご覧頂いた皆様ありがとうございます。


それはそれとして…

凡ミスが3ヶ所!
しかも原因は100%、俺の慢心!


緊張してのミスならまだ良いな!緊張すると言うことは、練習不足と言うことだが、有る意味、緊張は不可避だし、不可抗力だからな。


でも、慢心で『俺ならイケる』とか思ってのミスは単なるアホだ!
丁寧にやれば防げたはずのミス!


でも、競技の鉄則ですが『たら、れば』や『まあ良いか』は無しです!


どの減点も、セローの力を100%引き出せれば避けられた減点。


普段出来ているだけに腹が立つ!


明日以降、詳細を書いていこうと思います。
[ 2013/06/01 20:57 ] 大会 | TB(0) | CM(0)