スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

台風接近中


台風19号が接近中です。
明日の出勤にかからず幸いですが、今夜再接近らしいです。
外出れません。
バイク乗れません。乗っても良いんだろうが、乗りたくありません。
こんな日にバイク乗る奴は変態です(仕事やツーリング帰りの止むに止まれぬ事情は除く)私は変態ではありません。

暇です(笑)
バイク以外の趣味は自転車と読書。

自転車も無理!朝からとりあえずF1ロシアGPを見て、後はひたすら読書。

橋本紡さん読んで涙目です。良い話だ。
昔は、椎名誠さん、原田宗典さん、恩田陸さん、村山由佳さんが好きでしたが、最近読んでいない。
最近『この人!』と言う作家さん居ないなあ…乱読気味です。

SFなら、神林長平さん、野尻抱介さんも好きですが、新刊が出ない…神林さん、『戦闘妖精』の新刊早く出して下さい。映画にも成るんですから!
あとは機本伸司さん、小川一水さん、藤真千歳さんかな、藤真さん、スワロウテイルシリーズは良かった。新刊早く!

推理だと、似鳥鶏さん。ほぼ同年代の書き手ですが、葉山君シリーズの新刊早く!

ほぼ本の話になりましたが、ご容赦下さい。

明日は台風一過で、さわやかな秋晴れに成ることを願います。
秋晴れに成ったら仕事サボりたい(笑)
スポンサーサイト
[ 2014/10/13 17:15 ] 読書 | TB(0) | CM(1)

F1日本グランプリ決勝


昨日はF1日本グランプリ決勝。

いやあこんなに荒れた鈴鹿はひさびさ。過去には台風直撃で予選、決勝同日開催とかも有ったけど、今年はすごかった。
では振り返って行きましょう。

まずいつものようにフォーメーションラップが…スタートしねぇ!

あまりのウエット度合いに、主催者側が危険と判断。セーフティーカー先導でレーススタート。
鈴鹿のセクター1は水、溜まりやすいからね。
確かに、凄いウォータースクリーン。何も見えん。

と、セーフティーカー先導で3ラップした時に、赤旗中断…

それを見て、今年の日本グランプリは大丈夫かと心配に…

すぐに赤旗解除され、再びセーフティーカー先導でリスタート。

数周後、スタート前にアロンソが止まる…いきなり車の電源落ちていた。

アロンソの車を回収し、更に数周…遂にレーススタート!

もんのすごいウォータースクリーンの中全車フルパワー2014年日本グランプリが始まりました。

予想通り逃げを打つメルセデス勢、そしてそれについて行けないウィリアムズ勢
ウィリアムズを狙うレッドブル勢。

我らが日本、小林可夢偉も無事スタートを切ります。

ウィリアムズ勢のペースが上がらずレッドブルにつつき回される。特にコーナリングがキツそう。タイヤが路面をとらえ切れていない。

レッドブルのベッテル、リカルドはそれを見逃さず、ベッテルはヘアピンのブレーキングでウィリアムズをパス。リカルドは何と、逆バンクで並び、ダンロップコーナーでウィリアムズ2台を料理する。雨の中であの挙動…よっぽど自信有るのでしょう。

凄いな…もう10何年鈴鹿見てるけど、あんなとこで抜けるモンなのか…数年前の小林可夢偉のヘアピンのパスも驚いたがそれ以上だわ…

そうこうしている内に、何故か使える様に成ったDRSを使い、ハミルトンがロズベルグを追い詰める。
1度ブレーキミスしたものの、1コーナーのアウトから豪快にバッシング!トップ2台も順位を入れ替える。

ロズベルグは抜かれた時点で、タイヤがダメだった様でみるみるうちにギャップを作られる。

3番手のレッドブル勢が詰めるかどうかというレース終盤、ザウバーのスーティルが、ダンロップコーナーでアクアプレーニングによりスピンアウト。

そして次の周、国際映像では捉えてなかったけど、マルシャのビアンキが同じようにスピンアウトし、ザウバー車を回収中の重機に激突したらしい。
この事故で、本日2回目のセーフティーカーが導入。ほぼ間髪入れず、本日2回目の赤旗。そして8周あまりを残し、そのままレース終了、44周目(セーフティーカーが入った周)の順位でレース成立。

後味悪い日本グランプリと成りました。
ビアンキは緊急手術を受けたそう。無事を祈ります。

そして我らが小林可夢偉。一時は15番手まで順位上げました。結果、19番手ですが、あの車では上出来だと思います。

あと4戦、やれば出来ると言うことを見せてほしいと思います。
[ 2014/10/06 20:22 ] レース | TB(0) | CM(0)

F1日本グランプリ予選


今、鈴鹿サーキットでF1日本グランプリが開催中です。

本日は予選日

色々ありましたが、まずは小林可夢偉さん、頑張ったと思う。渾身のアタックラップ。確かにタイムはふるわなかった。しかし、2回目のアタックラップは、1分37秒フラット。1回目から1秒縮めた。

あの車で見事です。
明日はウエットレースでしょう。行けるところまで、行っちゃって下さい!応援しています。

そして、ロータスが、2台揃って、まさかのQ1ノックアウト。実況も言うてましたが、去年この鈴鹿サーキットで表彰台上がってるのに。

そしてQ2。
レッドブルがぱっとしね~ウィリアムズが速いのは予想の範疇だけど…ひそかにマクラーレンが良い位置にいる。

で、ザウバー、フォースインディア、トロロッソがノックアウト。この辺もまあ想定内。

そしてQ3。
相変わらずぱっとしないレッドブルだが、渾身のアタックで1分34秒台を叩き出し6番手と9番手スタート。フェラーリはアロンソが1分33秒7と言う好タイムを出し5番手スタート。たがライコネンは10番手に沈む。

知らない内に入ってたマクラーレン勢が7、8番手スタート。

で、残りの上位4台は予想通り、メルセデスのロズベルグがポールでハミルトンがセカンド。

ハミルトンは、クルマのバランスがおかしかったのか、ヘアピンでやたらスモークあげてたが、トップから0.2秒差でした。

ウィリアムズのボッタスが3番手でマッサが4番手。マッサは一回もアタックラップ映ってなかったが…
明日は間違いなくウエットレースでしょう。
個人的には、せっかくの世界最高峰のレースなのだから、ドライで、マシンのフルパフォーマンスを発揮しての決着を見たかった。

でも仕方がない。お天道様の事やし、何よりも、コレもまたレースだ。

ウエットに成れば相対的にマシン差よりもドライバーの技量に比重が移る。

小林可夢偉チャンスです。行けるところまで頑張ってください。期待しています。
[ 2014/10/04 22:39 ] レース | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。