スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二輪車安全運転京都府大会、慢心編

本日は休憩日。
セローをハイシートに戻し、自賠責を更新し、うろうろしてました。


それはそれとして


昨日書いた『慢心による失敗』を自戒のために書きます。
二度と慢心なんてしないように!


昨日も書きましたが、やらかしたのは3つ。
①応用千鳥
②急制動
③コーナリング


最初に①の応用千鳥の顛末から。
セローはハンドルがかなり切れるため(左右51度だったかな?)応用千鳥は原チャリ用にアタックする事になりました。

この前の白バイ講習で、原チャリ用の応用千鳥は体験済みだったため、『コレはイケる』と言う心が出てしまう。


スタートすると超狭い!白バイ講習の時より狭く感じました(そんな事は無いと思いますが)

ラインの余裕が多分、数センチ単位…

F1、モナコグランプリじゃねえんだから…聞いてないよって思いました!

タイヤ半分もラインズレたら即終了!

ここで『コレはイケる』と思っていたのを大後悔!51度をフルに生かすも、最初の入りがふくらんでいたため、時すでに遅し…パイロン1つ、かすってしまいました

次に②の急制動

指示速度40キロ…も、メーター誤差を考えて進入速度を45キロに決めました。が…

実際は、メーター読み48キロで入りました!

コレも進入直前、ギリギリで45キロに調整出来たはず!(メーター見る余裕有ったんだから!)

軽量なセローなら止まれると言う驕りがあったんだろうなあ~

結果、後輪ロックこそしてないが、完全にジャックナイフ状態…オマケにおそらくオーバーラン

審判員の方に『ジャックナイフだけど大丈夫?』と心配していただきました。もう完全に後輪上がってたんだろう

最後に③のコーナリング

昨年度とコース変わってなくて、昨年度クリアしてて、ジャックナイフやった直後だったこともあり何も考えられず、また『コレはイケる』と言う驕りが出ました。

180度ターンの最後で、フロントに伝わる衝撃!
外側のマーカーを踏んでしまいました!

ややオーバースピード気味だったらしい

このように3ヶ所のミスをしてしまいました。

出来ないのならまだ罪は軽い!(練習は要ると思うけど)

一か八か、攻めての失敗。コレも罪には問えないと思う。

しかし慢心や驕りは油断があったと言うこと!年一回しかチャンス無いことを知ってるはずやのに!

競技やレースは一発勝負!『たら、れば無し』を目標としてるはずやのに!


自信を持つことは悪いことではないと思います。それだけの努力の積み重ねだと思うから。

ただそれが慢心と成るとちょっと待て!

ただ今回の救いは、クローズドコースだったこと。コレが公道なら目も当てられない!
もう、凄い悔しい。二度とこんな阿呆な理由で落とすことが無いよう、自戒としてここに書いておきます。


もし、こんなオレでも、呼んでもらえるなら、次同じ事が無いよう、必死で走ります!

明日は今日書かなかった種目と、総括をしようと思います。
スポンサーサイト
[ 2013/06/02 19:25 ] 大会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://riderserow.blog.fc2.com/tb.php/132-1c27addd







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。