FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お疲れ様でした。


明日、伊丹空港に、ジャンボジェットが飛来します。伊丹は確か2006年位からエンジンが3機以上のジェット機を禁止しており、コノ規則を破ることになりますが、それだけ特別なフライトと言うことです。

ジャンボジェット。
現在生き残って居る物は、正式名ボーイング747ー400。

日本を始め、世界中でコレほど有名な飛行機は他に無いでしょう。

JALが数年前に全機退役させ、ANAも今年3月に全機退役の予定です。

実は、2つの大きな失敗(と言うか、正確には1つの失敗と、1つの時流の読み違い)から生まれ、生みの親のボーイング自体も、とりあえず作った『つなぎの飛行機』だった事は有名な話です。

私自身は、1回しか乗ったこと無いけども、ほぼ揺れず『本当に空を飛んでるんだよね?』と思ったことはよく覚えています。

初めて見たときはビビりました(笑)
それまで飛行機イコール国産旅客機YSー11(60人乗り)しか見たこと無かったので(笑)
山が動いていると感じました(笑)
(当時7歳)

また、何回か行ったかつての伊丹空港で(関空できる前)降りてくる機体のジャンボ率がやたら高かった事を今では懐かしく思います。

最後に伊丹に行ったのは4年前。バイクで行ったのですが、降りてくる機体が全部、エンジン2つだったのが時代のうつろいを見せられてるみたいで、少々寂しく成ったのを覚えています。

747は日本の旅客機としては全機退役しますが、貨物機としては生き残れる予定で、ボーイング自体も、最新型のボーイング787の技術を使った、747ー8と言う最新型ジャンボをこの前発表したばかり。

要するに、旅客機でも貨物でも、満載に成ればペイすると言うことでしょう。
ただ、最早旅客機としては満載にならない。エンジン4つあるし整備めんどい、金がかかる等のデメリットが大きく成ったのかなあ~?と考えています。

747ー400に限っても約24年。その前の型を含めると30年は超えるのではないでしょうか?


本当に長い間お疲れ様でした。
つーか30年って俺が生まれた年だし(笑)
お疲れ!ジャンボ

残り僅かな退役までのフライト、事故無きよう。

have a nice trip
スポンサーサイト
[ 2014/01/11 22:16 ] 日々の日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://riderserow.blog.fc2.com/tb.php/178-e38fc363







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。